歯医者さんでできる治療の範囲は?

>
この記事をシェアする

歯医者さんになるためには

虫歯の治療

虫歯は、細菌が、口に入ってくる糖質を食料として摂取し、その際に分泌する酸によって歯の表面を覆っているエナメル質を溶かしてしまうことから起こります。
初期の場合は、唾液に含まれるリンやカルシウムにより再石灰化が起こり、小さな穴をふさいでくれます。
ですが、歯に付着した歯垢(プラーク)の中に潜んだ細菌は、唾液により流されず、いつまでも歯に付着した状態になり、虫歯を深くまで進行させてしまいます。
こうなってくると、虫歯となってしまった部分を除去し、空いた穴をふさぐ治療が必要になります。
プラスチック樹脂を重点したり、範囲が広い場合は神経を取り除き、差し歯を入れたりします。
この時、保険の適用になる金属やプラスチック、保険適用の範囲を超えたセラミックの義歯など、選択肢は様々です。

歯周病の治療

歯の表面に付着したプラークの中や、歯と歯茎の隙間、つまり、歯周ポケットで、細菌が歯茎などに炎症を起こすと、歯周病を発症します。
歯周病は痛みもなく進むため、気が付くと重症化してしまっていることもあります。
重症化すると、細菌の炎症が、歯を支えている歯槽骨を溶かしてしまい、歯が抜け落ちてしまうことにもつながります。
長く、自分の歯でおいしく食べていたいと思われるなら、早期の治療が大切です。
歯医者さんでは、歯にこびりついた歯垢や歯石、病床を取り除く治療を行います。
歯の根元まで進行している場合は、歯茎をめくり、きれいに取り除いてから歯茎を戻し、縫合する方法をとることもあります。
この場合は口腔外科の範疇になります。
治療に際し、痛みを伴う治療には麻酔の使用も行います。
再生治療については


Copyright © 受診前に知っておきたい!歯科医師の医療行為はどこまで?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る