歯医者さんでできる治療の範囲は?

>
この記事をシェアする

歯科矯正や外科治療が必要となる場合

歯科矯正が必要になる症状

歯科矯正が必要になる主な症状としては、八重歯のように、歯列から特定の歯が飛び出していたりねじれて生えてきている歯があったりする叢生、奥歯をかみ合わせても上下の前歯の間に隙間ができてしまう開咬、前歯が飛び出ている出っ歯(上顎前突)、受け口(下顎前突)などがあります。
飛び出した歯や、歯と歯の間に隙間が空いてしまうような場合は、マウスピースのような器具を使って、歯列のアーチの角度を広げたり、歯後方へ下げたりすることで、正しい位置や向きで歯が生えるように導く治療を行うことができます。
隙間の空いている場合、付け爪の要領で、セラミックなどでできたラミネートべニアを貼り付けることで、大きさを整える、という方法もあります。

外科手術を必要とする場合も

上顎と下顎の位置が大きくずれてしまっていると、かみ合わせが合わないだけでなく、咬みやすい場所でよく噛むことによって、顔の形が歪んでしまう、ということもあります。
顎変形症など、ずれが大きな場合は、通常の矯正器具だけでは治療が難しいこともあります。
そのような場合は、外科手術で、顎をいったん切断してバランスの良い位置へ移動する、ということも行います。
例えば、受け口で歯の生える角度がかなり前に傾斜してしまっている場合、すぐに顎の位置をずらす手術をしたとしても、あまり大きく動かすことができません。
そのため、西洋な角度までブリッジ等で矯正した後に外科手術を行います。
何時も通院している歯医者さんで手術まで行える場合もあれば、専門医を紹介してもらう場合もあります。


Copyright © 受診前に知っておきたい!歯科医師の医療行為はどこまで?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る